大うし展

のんびりと草など食べています

嗚呼、地獄の斜め親知らず抜歯!!

※『デイリーポータルZ』の自由ポータルZにて入選を頂きました!

 

先日、生まれて初めて「親知らず」を抜いた。

大変だとは聞いていたが想像の10倍のつらさ。いまだに思い出すと身震いする。なにしろ親知らず1本を抜くのに、歯科医三人がかりで二時間半かかったのだ。

そして、歯は8つに砕かれてようやく抜けた。

これは親知らずが抜けるまでの壮絶な記録だ。

※痛い描写が多く、後半に抜かれた歯の写真があります 

 

若き女歯科医との出会い

今まで家から15分ほどかかる歯医者に通っていたのだが、「もしや、近いほうが楽?」と当たり前のことに最近気がついた。

そこで、家から2分の歯医者でクリーニングをしてもらったら、歯科医さんの感じが良くて歯もピカピカになった(初めての歯医者はクリーニングで様子を見るのがオススメ)

 

担当は若い女性歯科医さん。女性の歯科医に診てもらうのは初めてだ。この記事には3人の歯科医が登場するため、ここでは「乙女先生」と呼ばせていただく。

レントゲンで小さな虫歯が見つかり、翌週にはそれもササッと治してもらった。その歯は前に他の歯医者で治してもらったのだが、詰め物の"詰め方"がひどく、今回また悪くしてしまったのだった。それを乙女先生はあっさり良い感じに治療してくれた。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200709115413p:plain

思えば過去のがひどすぎた。だがどのみち水菜は詰まる

(この先生もしかして……かなり腕が良い?)

ピカピカの歯を鏡で見ながらそう思った。そして、先生の「この左下の親知らずは抜いたほうが良いかもしれないですね~」という話に静かに耳をかたむけた。

 

抜くなら今しかない

乙女先生がレントゲン写真を見せてくれる。そこには不思議なほど斜めに生えた親知らずがクッキリ写っていた。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708112715p:plain

大きく斜めに生えている

斜めなだけならまだしも、隣にグイグイと圧をかけて、押された部分はくぼんで見える。素人目にも、親知らずを残すメリットは無さそうだ。 

「放っておくと虫歯や歯周病になる可能性が高いです」

「そうなると治療が難しいので、抜くことをオススメしますよ」

これらの言葉は過去にもいくつかの歯医者で言われ、そのたびに丁重にお断りしてきた。でも今回は違う。頼れる歯科医が目の前にいるし、今は無職だから顔がどれだけ腫れても問題ない。

とにかく抜いて悪いことはないだろうし覚悟を決めた。とはいえ、斜めにはえた親知らずが簡単に抜けないことは想像がつく。一応、先生に聞いてみた。

 

「……スポッてわけにはいかないですよね?」

「……スポッてわけにはいかないですね」

 

どうやら歯を割ってから抜くそうだ。メロスは歯の割り方が分からぬ。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708113333p:plain

なにで、どこを、どう割るというのだろう……?

分からぬ治療が恐ろしいが、「麻酔をかけるので抜歯自体は痛くないです。抜いて麻酔が切れてからのほうが大変かもしれないですね」とのこと。なるほど、帰ってから痛いぶんにはどうとでもなる。では来週の水曜にお願いします!

それにしても、あれほどまでにスポッといかないとは……。

 

動け、CTスキャン

抜歯当日。静かな待合室に一人でいると、昨日ネットでうっかり能動的に見てしまった「抜歯に失敗するとアゴが数年マヒします」の一文が脳裏をよぎる。

歯の下には大きな神経が通っていて、これが傷つくとなかなか大変なことになるらしい。それを避けるために、CTスキャンで歯と神経の位置関係を立体的に把握するのが最近では普通とのこと(じゃあCTスキャンが出来る前は……? ひえっ……)。

 

恐怖にもだえていると名前を呼ばれ、やはりCTスキャンの流れに。

撮影専用の小部屋で頭を固定され、指示通りに目を閉じてジッと待つも何も始まらない。暗闇の中でオロオロしていると、撮影担当のスタッフさんが飛んできた。

 

「すみませ~ん! CTスキャンが動かなくって!」

 

……え?

一瞬「アゴマヒ」を覚悟したが、数分後には動くようになり、撮影も問題なく終わった。脅かさないでくれ~(号泣)

神経の位置も歯から離れていて問題ないそうだ。ここが一番不安だったのでホッとした。 あとは麻酔を打って抜歯するのみ!!

 

乙女先生、奮闘す

14時に始まって、今20分過ぎたから15時には終わるはず。僕も思っていたし、乙女先生も思っていただろう。斜めの親知らず抜歯は珍しくないはずだ。

だが甘かった。戦場に向かう列車から「クリスマスには帰るよ!」とママに手を振った、第一次世界大戦の兵士くらい甘かった。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708120858p:plain

「パリへの旅行」と書かれた列車で出征するドイツ兵。当初、数週間で終結すると思われていた大戦

いよいよ施術スタート。まずは麻酔の注射。歯茎がチクッとして、しばらくすると左ほほ周辺の感覚がぼんやりしてくる。

そして歯を削る。痛みはなくガガガガ……という振動だけが伝わってくる。麻酔のせいでどこをどうしているのか分からないが、抜歯用ペンチでつかみやすいように「くぼみ」を作ってるのかな? と想像していた。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200707193332j:plain

ペンチではなく、抜歯鉗子(ばっしかんし)と呼ぶらしいです

「削り」が終わったようで「抜き」に入る。ここまで痛みがほとんど無くホッとした。

乙女先生が抜歯鉗子を使い、歯をグイグイと引っ張る。だが何度やっても抜けない。痛みこそ無いが、こちらもアゴに力が入るため楽ではない。ためしに皆さんも、少し奥の歯を強めの力で1分ほどグイグイやってみよう。政治や経済が頭から出ていくはずだ。

 

歯を削る。引っ張る。抜けない。

歯を少し削る。引っ張る。抜けない。

歯をさらに削る。引っ張る。抜けない。

 

削り&引っ張りが繰り返される。それにしても「抜こうとしても抜けない歯」というのは何なのだろう? なぜ抜けないのだろう? 斜めに生えて抜きづらいのは分かるが、削るのが終わったらスポッと抜くだけじゃないのか。

「ふんっ」「むっ」と先生が力む声が聞こえるが、それでも僕の歯は抜けなかった。

 

エース出撃す

引き続きグイグイされていると、ふいに頭の向こう側で声が聞こえた。

「15時から次の――――」

どうやらスタッフが乙女先生に次の予定を話しているようだ。やはり15時には終わるはずだったのか……。申し訳なくなるが、僕に出来るのはアゴに力を入れることと、痛かったときに左手を上げることくらいだ。

先生はさらに頑張るが親知らずは抜けない。このころから脳裏に童話『おおきなかぶ』が頻繁に現れては消えるようになる。※冗談のようですが本当です

f:id:CHIKUWA_USHI:20200707194341j:plain

まだまだカブはぬけません(『おおきなかぶ』福音館書店公式サイトより)

そしてここで乙女先生がタイムアップとなった。さすがに次の患者さんを待たせすぎた。代わりに、落ち着いた40歳くらいの男の先生がやってきた。そして、親知らずを見るなり「あ~、なるほどね」と優しく言う。小学生の弟に「この問題わかんないんだけど……」と宿題を見せられたときの声だ。

さてはこの先生、エースだな? エース先生、僕のカブを抜いてください! 抜けたら半分はさしあげますので!!

一般的に、男性のほうが女性より力があるし、これでようやく親知らずが抜けるものだと当然思っていた。 

 

痛みとは何か?

さっそくエース先生による施術が始まった。といっても、ガリガリグイグイの繰り返し。そして時折、ガリガリ中に鋭い痛みが走るようになる。削りが深くなっているということだろうか?

痛みを訴えると麻酔が追加され、グイグイタイム。先生が男性に代わったことで、アゴにかかる力も強まりこちらの疲労もすごい。全身から脂汗がにじむ。

力のある男性がいくら力を込めても抜けない歯、一体どういうことなのだろう? それと、エース先生が登場時に言った「あ~、なるほどね」は何だったんや……。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200707194341j:plain

残念ながら、まだまだカブはぬけません

この辺りから「痛みとは何か?」ということを考え始めた。

歯を抜こうとする強い力、これも日常生活で考えたら相当に痛いのだ。あばら骨をかなり強めに押したら雰囲気は近いかもしれない。

痛い。しかし、歯を削ったときの鋭い痛みとは違って、ガマンできないわけではない。「痛かったらガマンせずに手を挙げてくださいね」と言われるが、グイグイのたびに麻酔を打ってもらうわけにもいかない。痛いけど痛くない。これは痛みではない。

やがて僕は、痛みについて考えるのを止めた――――

 

院長先生登場!

エース先生が四苦八苦して数十分たった頃だろうか、ふいに「どんな感じかな?」とまた別の声が聞こえた。涙目を薄く開けると、優しい雰囲気のおじさん歯科医が立っている。

60歳くらいだろうか? その佇まいからして院長先生か。エース先生と少し会話をし、口を覗きこむなりこう言った。

 

「あ~、頭だけ取れてるんだね」

 

頭だけ……取れてるんだね……?

「綺麗な指してたんだね」はJAYWALKの『何も言えなくて…夏』だっけ……?

朦朧として頭が働かないが(頭だけじゃなくあらゆる意味で働いてないが)、これまでの激闘で「親知らずの上半分がすでに無くなった」ことだけは僕にも分かった。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708213646p:plain

つまり院長先生、こういうことですかね?

「抜歯でこうなっちゃ終わりじゃねw」というギャルの笑い声が聞こえるようだ。

それにしても、取れた頭はどこへ……? 削られて粉になったのだろうか? 分からないが、よくないことは分かる。だって「頭部分をつかんで抜く」のが一般的な抜歯では!? その頭が無いんじゃ泥試合というか、とんでもないことになるだろう。

頭が折れて抜けないネジが頭に浮かんだ。大きなカブは葉っぱだけ千切れた。帰りたい。

 

骨が太っている……?

ここからは院長先生が担当してくれることになった。やはり最終的に頼れるのは経験だ。院長先生、もうなんでもいいからよろしくお願いします……!

あらためて、親知らず部分だけレントゲンを撮り直すことになった。「これだけ抜けないということは何か普通の状態ではない」と考えたのだろう。回り道がけっきょくは一番の近道ということも多い。さすがは院長先生。

 

そしてレントゲンによって分かったのが、「骨が太っている」ということ。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708155020p:plain

ここまで来て新情報! カブじゃなくてコブ!

頭が取れる前の写真に補助線を入れると、左側がコブのように膨らんでいるのが分かる。これが引っかかって抜けなかったのか。

原因は分かった。だが、やることはガリガリ&グイグイなことに変わりないらしい。ここからまた地獄が始まる。

 

ふと上アゴに何かがカツンとぶつかった。これはなんと、小さく砕けた歯。「あ、それは出しちゃってもらえますか」と言われ、うがいスペースにその歯を出す。つらい。

そして、長時間の戦いになったことで序盤の麻酔が切れた。さらに麻酔追加。この後にも麻酔が切れ、歯科助手さんが「麻酔追加しますか?」と院長先生に進言してくれたが、「いや、もうだいぶ使ってるからね……」と却下された。この頃になると僕は常に涙。

 

そしてようやく

あばら骨を角材で押されるような痛みが続く中、院長先生の「もう少し!!」という声が聞こえた。そして続けて「……はい取れた!!!」の声。

それを聞いても、抜けた感覚がなくて何がどうなったのか分からない。しかし、どうやら本当に抜けたらしい。脱力し大きく息をつく。そんな僕に院長先生がこう言った。

 

「じゃあ、歯茎を縫いますね~」

 

え……聞いてない……待ってください……うおーーーん!!!

うろたえる僕をよそに、呪うヒマも痛みもなくすぐに終わった。あっけなさに全身の力が抜ける。縫合しておくと回復が速まるそうだ。

 

その後は起き上がらせてもらい、脱脂綿を噛んで止血。歯科助手のおばさんが「長い時間おつかれさまでした」と声をかけてくれる。涙を拭いていると、ふと横の台が目に入る。そこにはなんと、砕けた僕の歯が無造作に置かれている。

途中で抜けた小さいカケラと最後の部分は把握していたが、こんなにも細かくバラバラにされていたとは……。

「これってもらえますか?」と聞いてみると、「いいですよ~」と優しい返事。消毒液の入った紙コップに歯を入れて殺菌してくれた。しばらくするとコップから溢れそうなほどの泡が立ち、おばさんはそれを見て「まぁ!」と笑った(なぜ?)。

時計を見るともうすぐ16時半。開始から2時間半が経とうとしていた。

 

嗚呼、親知らずよ

冒頭にも書いたが、もらった歯を帰宅後に見てみると大小8つに割れていた。

f:id:CHIKUWA_USHI:20200708160330p:plain

それぞれ色が違うのが不思議だ

辛さ自慢をするわけではないが、この数は相当すごいのではないだろうか……? 体験談をネットで見ても、2つや3つに割った話やメスで切った話はあっても、8つは見かけない。

削られた部分も多いようで、立体パズルのように組み合わせることは出来なかった。

 

その後の話

麻酔が切れるとかなり痛んだ。施術中とは違う「傷」の痛みという感じだ。これが続くとキツいな……と思って痛み止めを飲むと、疲れがひどかったのか薬が効くまえにベッドに倒れこんで寝てしまった。

目を覚ますと痛みはだいぶ治まっていた。顔を右に傾け、ゆっくり麦茶を飲んでみると、むき出しの神経をつねられているかのような激痛が左アゴに走った。

翌日気づいたことだが、唇の両端が切れていた。長時間に渡って口を大きく開いたせいだ。この傷のせいで口を開けられないことが地味に辛かった。

また、唇の裏側が白くなってベロリと剥けた。これも口を長時間開けていたことで乾いたのが原因だろう。色んな余波があるものだ……。

顔はほとんど腫れなかった。抜くのに苦労した人ほど腫れると聞いていていたが、パッと見では分からない程度の腫れで済んで良かった。

一週間後には抜歯も終了。痛みはだいぶ和らいだが、鏡で見ると親知らずの跡がぽっかり空いていて恐ろしい。この穴には柔らかくなった粒ガムが簡単に納まった。数ヶ月かけて閉じていくそうだ。

 

最後になったが、担当して頂いた3人の先生には感謝申し上げたい。どの先生も穏やかだし抜歯は本当に大変だったがマイナスの感情は無い。またお世話になるだろう。

 

それでは、皆さんも歯は大切にしましょう!

 

END